3251(エラーコード) 関連のページ

このページでは、 3251(エラーコード)に関連するサポートページの一覧を紹介します。


Microsoft FRx Service Pack 6 (ビルド 6.7.6062) で解決の問題
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/965703/ja

対象製品:Microsoft Business Solutions for AnalyticsFRx 6.7 Desktop, FRx Financial Reporter 6.5


障害のエラー: ファイル名を指定して実行時エラー 3251
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/964262/ja

対象製品:Microsoft Business Solutions for AnalyticsFRx 6.7 Desktop, FRx Financial Reporter 6.5


BUG: 問題の読み取りと、SQLOLEDB を使用すると、ADOX の列の動的プロパティを作成
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/288444/ja

対象製品:Microsoft ActiveX Data Objects 2.5, Microsoft ActiveX Data Objects 2.6, Microsoft ActiveX Data Objects 2.7, Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition, Microsoft Visual Basic Enterprise Edition for Windows 6.0


PRB: ADO Recordset オブジェクトの Sort プロパティを設定する実行時エラー 3251
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/253248/ja


PRB: エラー 3251 ADOX メソッドの呼び出しによって生成されました。
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/201716/ja

対象製品:Microsoft ActiveX Data Objects 2.1, Microsoft Visual Basic Enterprise Edition for Windows 6.0


[ACC2000] Jet OLE DB プロバイダーに Jet 4. 0 システム データベースが必要です。
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/243466/ja

対象製品:Microsoft Access 2000 Standard Edition


[FIX] OpenSchema メソッドにエラー 3251 が生成されます。
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/195487/ja

対象製品:Microsoft ActiveX Data Objects 1.5, Microsoft ActiveX Data Objects 2.0, Microsoft ActiveX Data Objects 2.01


[PRB] NextRecordset が NULL または Nothing を返さない
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/189838/ja

対象製品:Microsoft ActiveX Data Objects 2.0, Microsoft ActiveX Data Objects 2.1 Service Pack 2, Microsoft ActiveX Data Objects 2.5, Microsoft ActiveX Data Objects 2.6



スポンサード リンク

一覧に戻る