ブート環境を編集するコマンド | Windows

Windows 環境においてブート環境を編集するコマンドを紹介します。

ブート環境を編集するコマンドです。

スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\BcdEdit



スポンサード リンク

以下のコマンドのヘルプからの引用です。
========== 引用開始 ==========

BCDEDIT - ブート構成データ ストア エディター

Bcdedit.exe コマンド ライン ツールは、ブート構成データ ストアを修正します。
ブート構成データ ストアにはブート構成パラメーターが含まれ、オペレーティング
システムのブート方法を制御します。これらのパラメーターは、以前は Boot.ini
ファイル (BIOS ベースのオペレーティング システム内) か、不揮発性 RAM エントリ
(拡張ファームウェア インターフェイスベースのオペレーティング システム内) に
ありました。Bcdedit.exe を使用して、ブート構成データ ストアのエントリを追加、
削除、編集、および付加することができます。

詳細なコマンドとオプション情報については、「bcdedit.exe /? / <コマンド>」を入力
してください。たとえば、/createstore コマンドについて詳細情報を表示するには
以下のように入力します。

bcdedit.exe /? /createstore

ヘルプ ファイルのトピック順の一覧を参照するには、"bcdedit /? TOPICS" を実行
します。

ストアの操作のコマンド
======================
/store 現在のシステムの既定以外の BCD ストアを指定するために使用されます。
/createstore 新しい空のブート構成データ ストアを作成します。
/export システム ストアの内容をファイルにエクスポートします。
このファイルは、システム ストアの状態を復元するために後から使用
することができます。
/import /export コマンドで作成されたバックアップ ファイルを使用して、
システム ストアの状態を復元します。
/sysstore システム ストア デバイスを設定します (EFI システムにのみ有効
です。設定内容は再起動後まで維持されません。システム ストア
デバイスが明確に指定されていない場合にのみ使用されます)。

ストア内のエントリの操作のコマンド
==================================
/copy ストアにエントリのコピーを作成します。
/create ストアに新しいエントリを作成します。
/delete ストアからエントリを削除します。
/mirror ストアにエントリのミラーを作成します。

これらのコマンドで使用する ID の情報については bcdedit /? ID を実行して
ください。

エントリ オプションの操作のコマンド
===================================
/deletevalue ストアからエントリ オプションを削除します。
/set ストアにエントリ オプションの値を設定します。

これらのコマンドで使用するデータの種類の一覧については bcdedit /? TYPES を実行
してください。
有効なデータ形式の一覧については bcdedit /? FORMATS を実行してください。

出力を制御するコマンド
======================
/enum ストアのエントリを一覧表示します。
/v 既知の識別子名を使用するのではなく、エントリ識別子を完全な
形式で表示するコマンド ライン オプションです。
ACTIVE な種類のエントリ識別子の完全な形式を表示するコマンド
として /v を使用します。

"bcdedit" の実行は "bcdedit /enum ACTIVE" の実行と同じです。

ブート マネージャーを制御するコマンド
===================================
/bootsequence ブート マネージャーの 1 回限りのブート シーケンスを設定します。
/default ブート マネージャーが使用する既定のエントリを設定します。
/displayorder ブート マネージャーがマルチブート メニューを表示する順序を設定
します。
/timeout ブート マネージャーのタイムアウト値を設定します。
/toolsdisplayorder ブート マネージャーがツール メニューを表示する順序を設定
します。

ブート アプリケーションの緊急管理サービスを制御するコマンド
===========================================================
/bootems ブート アプリケーションの緊急管理サービスを有効または無効に
します。
/ems オペレーティング システム エントリの緊急管理サービスを有効
または無効にします。
/emssettings グローバルな緊急管理サービスのパラメーターを設定します。

デバッグを制御するコマンド
==========================
/bootdebug ブート アプリケーションのブート デバッグを有効または無効に
します。
/dbgsettings グローバル デバッガー パラメーターを設定します。
/debug オペレーティング システム エントリのカーネル デバッグを有効
または無効にします。
/hypervisorsettings ハイパーバイザー パラメーターを設定します。

リモート イベント ログを制御するコマンド
=========================================
/eventsettings グローバルなリモート イベント ログ パラメーターを設定します。
/event オペレーティング システム エントリのリモート イベント ログを
有効または無効にします。

========== 引用終了 ==========


Windows コマンド一覧へ戻る