ファイルを複合化する(EFS暗号化に関するコマンド)コマンド | Windows

Windows 環境においてファイルを複合化する(EFS暗号化に関するコマンド)コマンドを紹介します。


スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\cipher <複合化するファイル>


以下の例では、c:\temp\test.dat を複合化(暗号化の解除)します。


C:\C:\temp>cipher /D c:\temp\test.dat

c:\temp\ のファイルの暗号化を解除しています

test.dat [OK]

1 ディレクトリ内の 1 ファイル [またはディレクトリ] の暗号化が解除されました。


スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る