イベントログにログを記録するコマンド | Windows

Windows 環境においてイベントログにログを記録するコマンドを紹介します。

イベントログにログを記録します。
<種類>:
作成するイベントの種類を指定します。
有効な種類: SUCCESS、ERROR、WARNING、INFORMATION

<ログ名>
イベントを作成する先のイベント ログを指定します。

<イベントID番号>1〜1000 で指定します。

<メッセージ> 記録するメッセージを指定します。

スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\eventcreate /T <種類> /ID <イベントID番号> /L <ログ名> /d <メッセージ>


以下の例では、イベントログに
・エラー
・イベントID:999
・アプリケーション
・メッセージ:test
でイベントログを記録します。


C:\eventcreate /T ERROR /ID 999 /L APPLICATION /d test


スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る