ファイルのソートを逆の順( Z→A 9→0)でソートするコマンド | Windows

Windows 環境においてファイルのソートを逆の順( Z→A 9→0)でソートするコマンドを紹介します。

ファイル内のデータをソートして結果をファイルに出力します。
オプションを指定しない場合は並べ替えは A→Z 0→9 の順で行われますが、/R オプションを指定すると逆の順でソートされます。 Z→A 9→0

スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\sort <ソート元のファイル名> /O <出力先ファイル名> /R


以下の例では、c:\temp\test.txt の中身を逆の順にソートして標準出力に出力します。


C:\sort c:\temp\test.txt /R


スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る