Windows アカウント データベースのセキュリティ保護ツールを起動するコマンド | Windows

Windows 環境においてWindows アカウント データベースのセキュリティ保護ツールを起動するコマンドを紹介します。

SAM (Security Account Manager Database) を暗号化するキーを管理します。

スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\syskey



スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る