コマンドプロンプトで待機するコマンド | Windows

Windows 環境においてコマンドプロンプトで待機するコマンドを紹介します。


スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\timeout


以下の例では、10秒待機するには以下のコマンドを実行します。10秒内に任意のキーを押すと待機がすぐに解除されます。ただし /NOBREAK コマンドを指定すると、任意のキーを押しても待機は解除されません。(Ctrl + Cのみ解除)

/T オプションも同様です。(timeout /t 10)


C:\timeout 10


スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る