ディスク書き込み時に正しく書き込まれたことを確認する設定をオンにするコマンド | Windows

Windows 環境においてディスク書き込み時に正しく書き込まれたことを確認する設定をオンにするコマンドを紹介します。

デフォルトは off です。onに設定するとディスク書き込みごとの正常に書き込まれたか確認しますが、その分だけ書き込み性能が劣化します。

スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\verify on



スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る