DFS(Distributed File System) の管理 を起動するコマンド | Windows

Windows 環境においてDFS(Distributed File System) の管理 を起動するコマンドを紹介します。

分散ファイルシステム (Distributed File System)を管理します。

(1)複数のサーバーにデータを公開
・名前空間を作成して複数のサーバーにあるフォルダーを共有.。シングル ツリーのフォルダーとして表示。
・フォルダーの冗長性を強化し、離れた場所にいるユーザーに提供。
・DFS レプリケーションにより、複数のサーバー間で同期します。

(2)バックアップ目的でデータを収集
・DFS レプリケーションにより、支社のサーバーを中継局サーバーに複製することによりバックアップ。
・名前空間のコンテンツを公開し、支社のクライアントが常にブランチ サーバーに接続。ブランチ サーバー障害時には、ハブ サーバーにフェール オーバー。

(3)名前空間およびレプリケーション グループを管理
・既存の名前空間およびレプリケーション グループを管理。
実行ファイルの場所は以下の通りです。
C:\Windows\system32\ja-JP\dfsmgmt.msc

OSエディションの違いや「役割」「機能」の状況によりファイルが存在しない場合があります。

スポンサード リンク

以下の手順よりコマンドを実行します。

(1)[Windowsキー]を押しながら[R] キーを押します。
(2)「ファイル名を指定して実行」が表示されます。
(3)名前に以下を入力し[OK]をクリックします。

dfsmgmt.msc



スポンサード リンク

Windows コマンド一覧へ戻る