Diagnostic Policy Serviceサービスを手動起動設定ににするコマンド | Windows

Windows 環境においてDiagnostic Policy Serviceサービスを手動起動設定ににするコマンドを紹介します。

start= に関して、startと=の間にはスペース(空白)は入れないでください。また= demandの間にはスペースを入れてください。"[SC] ChangeServiceConfig SUCCESS" と表示されたら変更は成功です。

スポンサード リンク

環境によっては、コマンドプロンプトを「管理者」として実行する必要があります。

参考:コマンドプロンプトを管理者権限で開く方法

以下のコマンドを実行します。
C:\sc config DPS start= demand



スポンサード リンク


Windows コマンド一覧へ戻る