ポート3269番(TCP)

ポート3269番(TCP) を開くWindowsのプロセスあるいはWindowsサービスを紹介します。Windows Server 2012 R2で確認しています。

スポンサード リンク

ポート番号:
3269

プロトコル:
TCP

プロセス名:
lsass.exe

サービス名:
EFS,kdc, KeyIso, Netlogon, NTDS,ProtectedStorage, SamSs, VaultSvc

サービス詳細:
Encrypting File System (EFS)(EFS暗号化),Kerberos Key Distribution Center(Kerberos 認証プロトコルを使ってネットワークにログオン可能とする), CNG Key Isolation(Common Criteria による要求に従って秘密キーおよび関連の暗号化操作に対してキー プロセス分離を提供), Netlogon(ユーザーとサービスを認証するため、ドメイン コントローラー間でセキュリティで保護されたチャネルを管理), Active Directory Domain Services(AD DS ドメイン コントローラー サービス。このサービスが停止されている場合は、ユーザーは、ネットワークへログオンできません。このサービスが無効な場合は、明示的にこれに依存しているサービスを開始できません。)(Active Directory Domain Services),Protected Storage(パスワードなどの機密データに対して保護された記憶域を提供), Security Accounts Manager(こ別のサービスに、セキュリティ アカウント マネージャー は、要求を受信する準備ができているというシグナルを送信), Credential Manager(セキュリティで保護された資格情報の保存と取得を、ユーザー、アプリケーション、およびセキュリティ サービス パッケージに提供)

スポンサード リンク

"
ポート番号 種類 説明
0〜1023 Well Known Port Number 一般的なポートで登録済みのポートです。原則としてOSの特権のみが使用出来ます。
IANA (Internet Assigned Numbers Authority) が管理しています。
新規にポートを使用する場合は、これらのポートは避けます。
1024〜49151Registered Port Number IANAによる登録済みのポートです。Well Known Port Numberとの違いはRegistered Port Numberは一般の権限でも使用可能な点です。
新規にポートを使用する場合は、これらのポートは避けます。ただし送信元(クライアント側)にこのポートを割り当てる場合もあります。
49152〜65535 Dynamic Port Number
/Private Port Number
自由に使用可能なポート、あるいはクライアント(送信元)のポートです。
登録されていないため、各システムが自由に使用できるポートです。ただしアプリケーションによってはバッティングする可能性が有ります。
あるいは通信において送信元(クライアント側)が使用するポートでも有ります。クライアント側のポートはエフェメラルポート(短命なポート)と呼ばれています。

TCPプロトコルでは一般的に使用されているプロトコルであり、トランスポート層により通信の保障がされています。
一方でUDPプロトコルは通信が保障されていないため、パケットがロストされてしまう可能性があります。よってUDPではアプリケーション側が正常通信をチェックする必要があります。



[Windows プロセスが開くポート一覧に戻る]